ドライマウス

こんにちは、おかだ歯科クリニックです。

ドライマウスをご存知ですか?

ドライマウスは、唾液の分泌量が低下する事で発症します。

様々な原因で口の中が乾燥し、唾液の分泌量が低下する病気です。

ドライマウスの原因は様々で、病気や、薬の副作用、脱水、口呼吸、ストレスなどが上げられます。

そして、口呼吸をする人にもドライマウスの症状があります。

ドライマウスは、口臭の原因ともなり、このドライマウスを放置しておくと、口の乾きの不快感だけにとどまらず、歯周病や感染症に罹り易くなり、さまざまな症状を引き起こしてしまします。

そこで、ドライマウスの改善の一つとして、【あいうべ体操】をご紹介します。

あいうべ体操とは、口呼吸を鼻呼吸に改善していく簡単な口の体操です。

(1)「あー」と口を大きく開く

(2)「いー」と口を大きく横に広げる

(3)「うー」と口を強く前に突き出す

(4)「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす

(1)~(4)を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続けます

執筆・監修

みらいクリニック院長

内科医 今井一彰

ドライマウスかも?と心当たりのある方は、是非あいうべ体操を実践してみて下さい。