堺市南区 泉ヶ丘の歯医者さん

おかだ歯科クリニック

平日よる9時まで、土曜日診療しています

スマートフォンからお電話をかけられる方はこちら
お電話でのご予約・お問い合せはこちら
診療時間

おかだ歯科クリニックイメージ画像

  1. トップページ
  2. »歯周病

歯周病

歯を失う原因のグラフ

歯周病は歯と歯肉の間に細菌が入り込み組織が破壊されて、歯肉が腫れ、歯を支えている骨が侵される病気です。重度の歯周病になると、歯が抜け落ちてしまう怖い感染病なのです。

人から人へもうつりますし、歯肉に炎症を起こした病原菌が気管から肺へ、あるいは血管に入り、体内を移動することで病気を起こす可能性もあるのです。日本人の多くは、30歳から歯周病が進行して50代から歯が抜け落ちるという方が多いです。

歯周病が及ぼす病気

脳卒中 歯周病になると、歯周病菌が≪プロテアービ≫という酵素を吐き出し血しょうをかたまらせます。そして血管を詰まらせる可能性があるため、動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞の誘い水となることもあります。 歯ブラシの画像
肺炎 歯周病菌の交った唾液がたまって肺に入ると高齢者の誤嚥性肺炎の原因となります。
心臓病 歯周病菌が心臓弁への感染を引き起こし心臓病の原因となることもわかっています。歯周病の人は健康な人の2.8倍も心臓病になりやすいというデータもあります。
糖尿病 歯周病のある人ほど、血糖値が高く、重症な歯周病患者には糖尿病の患者が多いということもわかっています。
早産・未熟児出産 歯周病の母親の未熟児出産の確率は健康な人の7倍も高くなります。

ページの上へ